自信めた  事故ナシ住宅 工法
ア ビ コ ホ ー ム (有)
0476 36 - 1371
トップページへ戻ります

1、  熊本地震は、 現行の耐震基準でも、17棟の 全壊が 発生しました。
2000年 建築基準法令の 大改正
接合部 固定金物 耐震基準の厳格化
伸縮座金
16年前から使用  当社独自の
国基準以上の 伸 縮 座 金

当社では、1棟あたり 580〜600個
程度 使用しており、
事故ナシ住宅 工法  継続中 ―→
2、  国は、2000年から 木造住宅の 接合金物を 厳格化しました。  熊本の惨状は、
この法律に対し 現場施工ミスが 原因です。
3、  当社は、16年前の 国 基準 改正の際、  国 よりも グレードアップした 別掲の  
アビコホームの家 ( 基本姿勢  ・ 地震対策など ) と、 事故ナシ 住宅工法
 ( 独自の 仕様書 ・ 作業心得 ・ 事故ナシ住宅 ) を スタート させました。
4、  特に、地震対策等は、  水分の多い 木材の 木ヤセ対策にも 効果の高い 右の
高性能伸縮座金を 全棟とも、 すべての金物接合箇所 ・1棟あたり 580 〜 600 個
程度 の 使用を 開始しています。

トップページへ