2024年7月11日

 吹付断熱完了

 ウレタンフォームによる高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間となります。

 トイレや浴室・洗面所等の温度差を小さくすることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を 未然に防止します。

2024年6月20日

サッシ・防水紙・通気胴縁

 樹脂複合・遮熱Low-Eペアガラスを組み入れた、省エネサッシの取付。

 シージングボードの表面に、透湿防水シートを全面張付。

 外壁材との間に、防腐処理済胴縁を取付、この時点で雨水の建物侵入を防止します。

2024年6月5日

シージングボード張り

 骨組完了後の外周部に、面材のシージングボードを張り付けます。

 シージングボードとは、構造・断熱材の他、遮音性能にも優れた資材です。

 留付けの釘の種類・間隔もすべて目視で確認してから次工程へ進みます。

2024年5月31日

 屋根瓦葺き工事

 昔の瓦屋根は、地震による自重での倒壊を防ぐため、あえて瓦を落下させる方法がとられていましたが、災害のたびに、屋根が損傷しないよう、固定・緊結する工法へと変化していきました。

 耐震性・耐久性・快適性・経済性に優れた防災瓦は、災害による屋根の飛散や落下を防ぎます。

2024年5月23日

2階屋根下地

 耐水合板を敷き詰め、38㎜以上の釘を、150㎜間隔で固定しています。

 この合板は、屋根材の下地となる他、建物の水平剛性も担っており、地震・台風などによる建物の変形を防ぎます。

2024年5月18日

下屋屋根防水下地

 改良アスファルトシートを敷設しました。

 アスファルトで思い浮かぶのは、一般的に道路舗装ですが、歴史は古く、文献によると、5千年以上前にメソポタミア、インダス川流域で、船の防水に使用されていたそうです。

2024年5月9日

上 棟

 家を建てる中でも大事な工程のひとつで、最後に屋根の上部に木材を架けて、柱・梁・屋根といった家の骨組みの工程が完了します。

 この最後に組む木材を「棟木」と呼び、骨組みを最後まで組むことを「 上棟(じょうとう) 」といい、棟上げ・建前 等と呼ぶ事もあります。

2024年4月30日

土 台 敷

 基礎の水平確認後、桧土台を敷き込みます。

外周部は、通気性のパッキンを基礎全周に配置することにより、床下全面が自然換気できるため、白アリの発生を防ぎます。

2024年4月16日

基礎立ち上がりコンクリート打設

 アンカーボルト・ホールダウン金物の位置を確認後、コンクリート打ち込み。天端の誤差を0.5mm以内とするため、細心の注意を払います。

2024年4月13日

べた基礎 コンクリート打設

 使用するコンクリートは、設計基準強度24Kn以上、スランプ18Cm以下とし、配合計画書の提出が必須条件となっています。

2024年4月9日

べた基礎 鉄筋組

 13mmの鉄筋を 20Cm 間隔で、全面敷き並べ構造計算により、地中梁を適所に配置しています。

2024年4月4日

 転圧を3回実施し、砕石地業が完了しました。

 床下防湿のため、ビニールを全面に敷設し、枠を水平に組むため、外周部に コンクリートを打設します。

2024年3月21日

 一部の軟弱地盤補強工事を実施しました。

 今回は、2mの深さまで地面を掘り下げ、地盤固化剤を土と混ぜ合わせ、30㎝ごとに転圧をする地盤改良工法を採用しました。

2024年3月18日

 建築工事着工に先駆け、仮設のトイレを設置しました。

 建築現場では、職人さんが快適に仕事が出来るよう電気・水道と共に重要なものです。

2024年1月12日

 スウェーデン式サウンディング(SWS)試験による地盤調査を行いました。

 荷重による貫入と回転による貫入を併用した試験で、土の硬軟または締まり具合を判定すると共に、地層構成を把握することが目的です。